コロナウィルス対策

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

連日報道される新型コロナウィルスですが、世界的に感染の広がりを日毎にましており、敏感にならざるを得ない状況ですが、ウィルス感染というものを真摯に受け止めて日々の対応をしていくことに尽きるのかと思っております。

ホームページでも掲載させていただいておりますが、当院でのウィルス対策をここでも記載させていただきます。

コロナウィルス対策について

コロナウィルス対策について

毎日、検温を実地しホームページのお知らせ欄に記載していこうと思いますので、どうぞ御覧ください。

なお消毒や換気などで院内が肌寒く感じることがあるかもしれませんが、遠慮なくお申し付けくださいね。

ウィルスとの戦い

人類はウィルスとの戦いの歴史があります。

毎年流行する風邪やインフルエンザなど、眼には見えませんが常に今まで戦ってきているのですね。今回のように重篤化を多く招くものが感染の拡がりをみせたりもします。

症状を発症する人と無症状のまま寛解していく人。この違いは持病の関係ももちろんありますが【免疫力】ウィルスを攻撃してくれる対抗力とでも言いましょうか、ご自身の身体の中にウィルスを退治してくれる細胞が備わっているのです。この細胞たちが順調に攻撃をしてウィルス数が減ることで、症状が発症しないということも考えられます。

このリンパ球たちは、ストレスが少なく心身が元気な状態、すなわち自律神経バランスが安定している状態が効率よく働いてくれています。なので鍼灸治療が予防医学として認められている所以でもあります。そして無事に免疫細胞がウィルスを退治してくれたときには、獲得免疫として今回のウィルスに対する情報を記憶してくれるので予防にも繋がります。私自身、このウィルス騒動が始まってから毎日お灸をするようにしております。ワクチンが開発されるまで時間がかかることは間違いなく、怖い想像となりますが今後ウィルスの変異の可能性も考えられます。目に見えない存在だけに考えると怖いですが、このウィルスに立ち向かって頑張ってくれているのも私達の身体の中の普段は見えない免疫機能なのです。

足三里の灸

私が意識している予防策は侵入してくるウィルスをできるだけ少なく、退治できる免疫機能をできるだけ発揮する。

頑張って働いてもらうために良い環境を整えてあげましょうね。