大子ハーフマラソン中止

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

今年は「自分に挑戦する年」として初のハーフマラソンに挑戦する予定で、鍼灸師というスキルを利用して【皮内鍼】という鍼で筋疲労が蓄積しないよう対策を施してチャレンジをしようと意気込んでいました。

しかし今回はコロナウィルスの影響で中止。当初は「国際マラソンと比べて、地方の小さい大会だから中止はないだろう…」などという声もありましたが、世界的に蔓延を防ごうという風潮となったので中止は仕方がないと思います。

ありがとう大子マラソン運営委員会

マラソンなどのスポーツイベントは天災などでの中止以外は基本的に返金はありません。運営の準備などで補給食や人員確保での費用が発生しているため、返金をすると市町村の財政負担を避けられないためもあります。

今回のウィルス騒動では参加者が負担を負わなければいけないことが多数だと思いますが、しかし今回エントリーさせていただいた大子町からはお詫びの手紙と、参加賞として特産品が送られてきました。

大子マラソン参加賞

【だいご米コシヒカリ】と【奥久慈茶】大子産米サイダー

【大子産米サイダー】、某回転寿司チェーンのシャリ○ーラに味が似てます。

これが参加者一人一人に送付されているとしたら、送料だけでも多額の費用が発生していることでしょう。大子マラソンは町ぐるみで応援してくれる温かいマラソン大会と聞いてエントリーをしましたが、今回の心配りでも運営側の優しさを感じます。

中止は苦渋の決断だったと思いますが、丁寧な心配りをありがとうございます。また次回、改めてエントリーをさせていただきますね。

今回のウィルス騒動でスポーツイベントのみならずライブやレジャー施設なども中止が相次いでいますね。人類の歴史はウィルスとの戦いといっても過言ではありません。楽しみにしていた計画や、やりたいことができないことは心苦しい時ではあります。しかし今回の騒動が落ち着き、改めて楽しめる時期を待ち、存分に楽しめるよう体調と機会を整えてその時に望みましょう。