【春分】花粉症を忘れる

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

暦は春分となりました。秋分と同様に昼と夜の長さが同じ時間となり本格的な春の到来です!今年は開花も早く見頃な桜もありますね。

昨今は新型ウィルス騒動にて世界的な影響がこれからも懸念されています。しかし自然界は淡々と暦を進めて心地良く草木や春の風を知らせてくれています。ニュースなどで必要な情報、正しい情報を得ることはとても大事なことですが、不安が心に鬼をもたらす疑心暗鬼にならないようにしましょう。

桜

もし健康で日常を過ごしていらっしゃるのであれば過度な不安に陥らずに、ふと自然を感じてみるのはいかがでしょうか。見えないウィルスに怯えるよりも、見て取れる自然を心地良く感じることは免疫力を活性化してウィルスに負けないよう身体を守ってくれるはずです。心には鬼ではなく、花をもちたいですね。

花粉症を忘れる

さて、そんな心地良い春も毎年花粉症を感じられる方にはツラい季節だと思います。なにしろ一年で一番イヤな季節…という方もいらっしゃるくらいですから、よほどツラいのでしょうね。

かくいう私も暴飲暴食や寝不足の際には花粉症状が出現する日もあります。これは体調が不安定、つまり免疫反応の異常が起こるからです。花粉症のようなアレルギー症状は免疫システムの過剰反応です。身体の防衛本能がコントロールできずに過剰防衛をしてしまっているのですね。バランスを司る身体が疲れているので不安定になるのもわかりませんか?

当院で鍼灸治療を受けられている方々は「今年は花粉症を忘れてた!」「今日は花粉が少ない気がする…」いえいえ、天気予報では真っ赤になるほど花粉が多いという日も症状が現れていないそうで、花粉の量ではなく身体が過剰に反応することがなく発症していないということになります。

『病は気から』免疫を司るのは心身のストレスバランスです。

鍼灸治療、運動、食事、身体に心地良いことをたくさん取り入れて、花粉症もウィルス騒動も忘れるように乗り越えられるように。春を心地良く感じてみましょうね。