まさしく大暑。熱中症対策に疲労回復を

じんゆうどう鍼灸院の石井です。梅雨が明けてからいきなり酷暑が続きますね…

一日朔日参り

船橋大神宮へ行ってまいりました。船橋大神宮

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。船橋大神宮

暦は【大暑】

字の如くまさしく大暑でございますね。

今年は梅雨明けが遅かったこともあり、急に暑さが到来したように感じます。

皆様は今年の暑さ対策はいかがなさっておりますか?私は今年から日傘デビューをして【日傘男子】となりました!使ってみるとビックリ、日傘一つでこんなにも快適になるんですね。私が幼少の頃と比べても太陽からの日差しが暴力的に感じますので、往診の際にも手放せない必需品となりました。

さて、そんな暑さの影響から熱中症をよく耳にするようになりましたね。

年齢を重ねると暑さに耐えられるようになってしまうこともあり、ご高齢の方がご自宅で倒れてしまうケースをよく聞きます。

暑さを感じにくくなってしまうのは年齢だけが要因ではありません。身体の体温調節を司っているのは自律神経です。そう、血圧の調節だったり、発汗調節でも大きく関わってきます。睡眠不足やストレス、暴飲暴食などで疲れたり弱ったりしてしまうと自律神経バランスが乱れてしまうことで、体温調節が上手に働かなくなるということも充分に考えられますね。

同じ環境の暑さでも、グッタリと不快に感じたりする場合と、心地良く乗り切れたりする場合は気分一つで変われるのも「病は気から」自律神経バランスの影響が大きそうです。

鍼灸は自律神経バランスを整える事を得意としている治療法ですよ。

冷房や冷たい飲食、食べ物の漢方的な作用でも【冷え】が身体に入りやすくなります。涼しい部屋で心地よく身体を温めて無理のないように、日頃の疲れもリセットして熱中症対策も充分に今年の夏も乗り切りましょうね。