しつこく繰り返す肩こり

こんなお悩みありませんか?

  • 首や肩、背中が張ってしまう…
  • 電気治療やマッサージを受けても繰り返してしまう…
  • 湿布を張っても改善しない…
  • 背中が伸ばしづらく猫背になってしまう…
  • 肩周りが重くて息苦しく気分が悪くなる時がある…

肩こり

一つでも当てはまることがある方もご安心下さい。

当院ならそのお悩みを改善できます!

その肩こりの原因は?

まず現代社会では【スマホ首】と言われるように、スマートフォンを使う時の姿勢によって首に負担が大きくかかってしまうことが懸念されています。

スマホ首

液晶画面に集中するので、首が前に傾き背中が伸ばされていることが上の写真でも見てとれるかと思います。スマートフォンに限らずとも、パソコンや読書、座学でも同じことが言えます。

筋肉が引き伸ばされたまま保持をされるので、血行が悪くなってしまい栄養も供給されないので筋組織は固くなります。そしてここから悪循環が始まります。

不快な症状は心身の消耗を招くので身体の防御姿勢、つまり下記のようなお腹(内臓)を守るような体勢を作り出します。先ほどの姿勢と同じように背中が伸びていませんよね?

猫背の女性

首や肩、背中を電気治療やマッサージをしても、すぐにぶり返してしまう原因はココにもあるかもしれませんね。

つらい症状が長くレントゲンや骨格の検査をしてみると、「骨盤や骨格に歪みが現れている…」「椎間板ヘルニアを患っている…」など様々です。

しかし治りきらない原因を掘り下げて考えていくと『肩こりが起きやすい状態』になってしまっている事が問題と言えませんか?

自律神経バランスの乱れによって睡眠の質が低下してしまい、日常の回復が遅れてしまい疲労の蓄積が原因を招き、痛みという結果を引き起こすことも考えられます。

当院では東洋医学的に生命力(回復力)の虚(低下)と診て、身体を正常に保つ力が弱り、歪みや硬さを引き起こしてしまうという考え方を用いています。

それは痛みが出現している首や肩自体に原因はなく、心身の消耗によって首肩のコリを引き起こす、という考え方です。

実際に治療を進めていく上で患部に鍼灸刺激をしなくても、身体が緩んで姿勢が伸びて症状が改善していくので患者さんにもよく驚かれます。

肉体的な疲労はもちろんですが、精神的な負担というのが最も症状を根強くしてしまうことではないかと考えられます。

『心身一如』心も身体も合わせて一つ、身体を動かすのは心、心を作るのは身体という事です。

ストレスと言っても人によって感受性は違い、要因も十人十色です。季節、温度、空気、紫外線、音などの外的要因や飲食物、食事の量など内的要因。家庭内、ご近所、職場、学校などでの人間関係。おそらく現代社会での日常生活でストレスを感じない方はいらっしゃらないでしょう。患者さん方から「ではストレスを受けないためにはどうしたら?」と質問を受けた際に困ってしまいます。ストレスを受けない人はいないのですから。

大事なことは受けたストレスを上手に吐き出せているか、心身の消耗を回復できているかが重要だと考えます。

生命力の虚を補うように

ツラい、苦しい、痛い、悲しいなど【陰的ネガティブなストレス】を受けたときに、心地良い、温かい、美味しい、気分が良いという【陽的ポジティブなストレス】で御自身にご褒美を与えましょう。

キーワードは「無理なく心地良く」です。

最近では様々なヨガ教室がありますね。太極拳やヨガも無理なく相性が良ければ大変効果的だと思います。それでも汗をかくのが嫌、身体を動かす環境でないという方には身体の内側から温まるような治療を受けていただきたいのです。

わかりやすいのは身体に気血を巡らせる事。それも無理なく心地良く。身体を動かし続ける運動が望ましいのですが、運動が苦手な方は逆に負担にもなってしまいます。

そこで生命力を補うような心地良い鍼灸治療という手段もありますよ。

ご安心ください!当院がツラい肩こりからアナタを救います!

「整体院などでいくら強く押されても痛みを感じなくなってきている。」と、当院の患者さんからよく耳にする話です。長く患って悩んでいる方にこんなことはないでしょうか?

身体は繰り返す刺激に耐えるために身体を固くして守ろうとする健気な性質もあります。すなわち強く押される刺激に耐えるために固くなっていくということも充分に考えられます。身体が固くなっている原因を取り去っていくと、自然に内側から身体は温かくなり柔らかく緩んできますよ。すると身体が伸びて、息を吸うのがラクに感じます。

一度リセットをして本当の体調を思い出してみてください。

痛みを取り去るだけでなく、今後を健康に心地良く過ごせますように。根本から体質を改善する鍼灸治療という手段があります。

心地良く日常を過ごせますように、どんな些細なことでもご相談くださいね。

心地良く日常を過ごす