たるみ、小顔に効果的な美容鍼

他の美容鍼とは異なる特許取得技術

当院で行う【アンチエイジング美容鍼】では電気パルスを用いて表在性筋膜の筋肉運動を狙った美容鍼を行います。

これは特殊な技法でお顔に刺したすべての鍼に電気パルスが流れるように治療を進めていきます。

こうすることでピンポイントの点としての刺激ではなく、面としてお顔全体にむくみの除去、引き締め効果、リフトアップと細胞の活性化を狙うことができるからです。

アンチエイジング美容鍼

お顔のむくみのメカニズム

 

お顔に貯留したリンパ液や老廃物のイメージとして、枝(靭帯組織)に張られたブルーシート(筋膜)を想像してみてください。

老廃物の貯留

重みでシートがたるんできますよね。この現象がお顔でも起きているのです。そして構造上、中心に下に集ってきてしまいます。助長してしまうのがデスクワークやスマートフォン操作でのうつむき姿勢ですね。

たるみを助長

これはもはや現代社会では避けられい負担でもあります。

さて、こうして起きてしまった浮腫がなぜ電気刺激で改善するかというと、効率よく電気を流すことで、お顔の筋肉が収縮して運動を行います。お身体に電気治療機を使ったことがある方ならなんとなくわかるかもしれませんが、自分が意識をしなくても筋肉が動いてしまいますよね。筋肉は神経の電気信号で動いているからです。

筋肉が動くことで先ほどのブルーシートがバサバサとはたくように動きます。すると貯留していた老廃物がバシャバシャと流れていくようなイメージです。

他にも筋肉運動で血管、リンパ管がしごかれるので強制的に循環がよくなるようなイメージでもいいかもしれませんね。

筋肉運動をすることでパンプアップ

運動後に筋肉が引き締まることをパンプアップと言います。

お顔の筋肉も運動すると同じような効果が得られます。効率よく鍼を用いることで先ほどたるみのメカニズムでお話した、「中心に下に」とは逆の方向、外に上に引き上げられます。これは美容外科でも用いられるリフトアップの原理と同じ方向です。

リフトアップ効果

例えば『ほうれい線』』の改善を考える場合、ほうれい線の際のたるみが引き締まることで、もちろん薄らぎます。しかしお顔の構造上、たるみは基本的に上から垂れてきてしまいます。フェイスラインやこめかみ、おでこなどのたるみも引き締まったほうが、ほうれい線自体もより改善に向かいますよね。これがお顔全体に現れるので、部分的よりは全体的に活性化されるほうが効果が大きいのです。

今回はたるみ、小顔に効果的な美容鍼としての内容でしたが、他にもたくさんの良い効果が得られます。

世の中に美容鍼は様々な方法がありますが、当院は鍼灸治療専門院ですので間違いのない効果を最重要視しており特殊な技法を取り入れております。

どうぞご相談ください。

全国33人の認定鍼灸師

アンチエイジング美容鍼認定証