【冬至】陰極まれば陽となる

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

暦は【冬至】に入りましたね。

一年でいちばん昼が短く、夜が長い時期となります。日が短いことに寂しさを覚えますが、これから一日一日と日が伸びてくることを考えると楽しみもありますよね。

これは東洋医学で用いられる陰陽論で言うところの【陰極】にあてはまります。陰の気が最も強く、これから陽に向かい始める状態でもあります。

陰極

昨日は息子と映画館にてスター・ウォーズ「スカイウォーカーの夜明け」を観てきました。

STARWARS スカイウォーカーの夜明け

いつもこちらのシリーズを観るたびに、陰陽論を考えてしまいます。「なんのこっちゃ?」と思われるかもしれませんが、何事も陰と陽に例えられ、絶えず『バランス』を保ちつつ変化を繰り返すという考え方が陰陽論にはあります。『バランス』なのです。STARWARSを好きな方はピンとくるかもしれませんが、《正》のジェダイ&レジスタンス、《負》のシス&帝国軍。いつの時代もこの2大勢力が軸となるドラマが作られています。

あるときは《正》が強く栄えている時代もあり、お互いが拮抗している時代、《負》が圧倒的な時代もあるが、屈強に耐えた《正》が《負》を抑えるという結末を今回迎えたようにも思えます。

この時系列の流れ、バランスの考え方が陰陽論そのもののように思えてしまうのです。

作中に出てくる「フォース」も目に見えない「気」「理力」「生命力」の例えがあるように、東洋医学的な観点があるようにも感じ、見えない力で守れられているという考えもわかるような気がしてしまうのです。

今回のサブタイトルにある「スカイウォーカーの夜明け」という意味も、これからまた陽が始まる…いった意味合いかのように、観終わった後にやけに納得した部分もあります。内容や評価に関しましては専門家や知識のある方に任せて、私は映画館という大画面&音響設備でこのシリーズを観れて幸せだと思います。息子も喜んでくれて「親父と観に行ったなぁ…」なんて思い出してくれたら嬉しいですね。

さて【冬至】とはだいぶ話がかけ離れてしまいましたが、これから陽極に向かい始めます。冬至には柚子湯に入る習慣をよく耳にしますが「柚子が黄色くなると医者が青くなる。」という言葉があるくらい、今の時期に必要なビタミンCやフラボノイドが多く含まれています。

今年も残すところあと一週間となりました。風邪を引かないように柚子湯で温まり、南瓜など旬の素材を取り入れて元気に心地良く春へと向かいましょう。

映画を観た予熱があるのでこの言葉を書きます。

皆様、フォースとともにあらんことを。May the force.Be with us.