2020ニューリバーロードレース

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

昨日は地元のマラソン大会「ニューリバーロードレース」に参加しました。今回で3度目のエントリーとなりますが、苦手なマラソンへの参加のキッカケは娘との2.5Km親子ファンマラソンでした。知人方が子どもたちと出走するということで娘も触発を受け参加表明、そこで私も強制参加という経緯でした。

2.5kmなので全くもって余裕で終わることができ、地元の方々が集まりお祭りのように盛り上がっている様を見るのは楽しく、来年は10kmに挑戦しよう!と思い立ったのが2回目。

そして3回目の今回、目標は去年の自分のタイム47分を上回ることです。なぜなら年齢を重ねて身体が元気に強くなっていくとしたら、それは楽しくないですか?ランニング未経験の私には速いかどうかは実感がないのですが、周囲の方々には充分だと褒められます。しかし上を見れば競技などで鍛えていた方々には到底歯がたたないので、あくまでも敵は自分に定めます。

天気は絶好のアクティブ日和、無風の晴天です。

さて私のゼッケンですが…

ゼッケン4444

まさかのNO.4444…ここにきてまでも後厄効果です。封を開けてみた家族は大爆笑。レース中に他界するのではという冗談が飛び交っていましたね。

レース序盤、快調な走り出しでスルスルと前に抜け出すことができ、5km地点まではkm/4:11秒というペースで心地よく走れました。しかし、ここにきてNO.4444の不吉的中です。

2日前にお酒を飲みすぎたせいか、猛烈にお腹が痛くなってきました…「これはヤバい…ゴールまで持たないかもしれない不安感だ…」ゴールには家族と友人家族が待ち受ける中、無様な格好も見せるわけにはいかない…トイレに駆け込み時間をロスして目標タイムに及ばない悔しさを味わうか…残り4km、今のペースで走りきればおよそ16分間、お腹とお尻の不安感と戦いながらゴールまで全力で走り切ることを選びます!これはまさしく自分との戦い!

今までついていけていた集団とも離れ、あきらかにペースダウン…しかしゴールには家族や友人、何よりもトイレが待っている!と心のなかで叫びながら頑張ります。

会場に入りラストスパート!必死に何人かを抜きますが前方ランナーの背中よりもゴールテープよりもその先に見えるトイレの標識をめがけて!無事にゴール!完走証を受け取り、「おお!まずは目標達成!」と感動はアッサリとトイレに向かってラストスパート。

無事にトイレから出てやっとゴールを感じました。

リザルト

友人から45分台を褒められ感想は?と聞かれますが、今回の感想は何よりもトイレがテーマとなってしまいました。まぁ、無事に終えて目標も達成できたので良しですね。来年は万全の体調でこの記録を上回れたらと思います。