【秋分】

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

暦は秋分に入りました。『暑さ寒さも彼岸まで』という言葉があるように、朝晩は肌寒い日も感じ極端な暑さが落ち着いたように感じます。

秋の空

私は今年の夏は特に暑く感じました。暑さが和らぎ、気が緩むこと、温度調整が上手にいかないせいか最近は風邪を患っている方が多いように思えます。

そろそろ足元は冬に向けて温かく、暑いと感じた場合は上半身から涼しくできるよう『頭寒足熱』を意識してみてください。もし温かさを心地良く感じる場合は身体が熱求めている証拠でもありますよ。

先日、往診の患者さんよりトウモロコシをいただきました。

北海道の味来(みらい)

北海道の味来(みらい)という品種らしく、とても甘みが強く美味しかったです。

数年前に脳梗塞を患い、片麻痺を発症されてしまった方で、体調の不安定が強く現れていました。血圧が高くなったり、便秘に悩まされたり、筋肉の緊張が強くコリが不快。現代社会ではつい湿布薬や服薬で対処してしまいがちですが、今後を健康に過ごされるためにも安易に薬に頼らずに、なぜその症状が現れてしまうのかの原因を根本的に治そうと奥様との話し合いの結果、鍼灸治療を選んでくださいました。

脳梗塞を患う前は体力が強くとても元気に日常を過ごされていたそうで、現在もリハビリを頑張り過ぎたり、強いマッサージに耐えるような気質の方です。

頑張り過ぎてしまうことで元気が消耗して冷えが現れて身体が硬くなり不調になってしまうこともある、ということをお伝えすると「たしかにそうかも…」と頷かれておりました。

鍼灸で身体を整える治療をする事で、施術後は身体の内側から温まり、麻痺で固まっていた組織が緩んできます。自ずと血圧も下がり便通も毎日あるようです。

日常を頑張ることは大事なことですが、頑張るために心身を休めることもとても大切な事だと考えます。回復できるチカラは本来備え持っているわけですからね。

旬のモノ、自然の恵みを上手にいただき心地良く日常を過ごしていきましょう。

いつも有難うございます。

 

テキストボタン