はじめまして。怪しいモノではありません。

仁雄堂(じんゆうどう)鍼灸院、院長の石井と申します。

今後、こちらの日記にて院での出来事やセミナーなどで得た知識、健康法などを発信していきたいと思います。治療とは関係のないプライベートなことまで書かせていただく事もあるかもしれませんが、温かい目でご覧いただければ幸いです。

さて、第一回目となる書き始め。

『鍼灸院』と耳にすると「怪しい…」というイメージはありませんか?

東洋医学の考えでは古典にもある「氣(き)」という概念を用いることがあります。この言葉は現代社会で生活していく中で決して身近な言葉ではありませんよね?鍼灸治療と聞くとオカルト的な怪しい治療と思われていることもあります。

鍼灸を受けたことがない、治療院に入ったことがないという方々は尚更だと思います。

近年は接骨院、整骨院などでも鍼灸を施術していることが多く、そちらのほうがイメージとしては沸きやすいのかもしれませんね。

当院に御来院いただいた方はご存知でしょうが、当院の治療室は個室のような作りになっております。

治療室1

「鍼灸院ではないみたい。」「キレイで気持ちがいい。」と嬉しいお声をいただいております。しかし、中に入らないと伝わりませんよね。

そこで、2つある治療室のうち、1つだけ使用している時は道路側から院内が見れるようにふすまを開放してあります。

外から見た治療室

当院をご覧いただき、少しでも「怪しい…」というイメージが払拭でき、御安心いただければ幸いです。

治療とは直接関係のないことですが、こんな感じで書きすすめていきます。

怪しいモノではございません、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。