【処暑】夏バテにはご自身にご褒美を

船橋市のじんゆうどう鍼灸院です。

暦は【処暑:しょしょ】に入りました。「暑さが止む。」という意味だそうです…全く止んでいる気配がないのは私だけでしょうか…たしかにピーク時で連日35℃36℃の朝から晩までうだるような暑さが続くということはなく、朝晩に心地よい風を感じる時間も出てきましたが、日中32℃が涼しいと感じてしまうのは身体の暑さセンサーが狂ってしまっているようにも思えます。

暑い夏

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるとおり、暑さももうしばらくの辛抱です。無理せず上手に乗り切りましょうね。

夏バテにはご自身にご褒美を

いよいよ夏バテが本格的に現れてくる時期となりました。夏バテに関しては様々な概念があると思いますが、身体がダルい、気分が乗らない、頭痛や下痢が現れる…など、どこに相談してよいか悩んでしまうような不快な症状が現れてしまいます。これはつまり身体のエネルギー不足が背景にあります。生命力や精気(氣)が充分に補われていない…という例えではいかがでしょうか。

身体は生命活動を維持するため細胞を活性化する際に熱が生まれます。ココに冷却作用、つまり夏の暑さを紛らわすために冷たい飲食物を取り入れたり寒冷環境で生活をしたりすると、熱を生み出すためにエネルギーが必要となります。他にも外気温の高温環境下とエアコンの効いた屋内を行き来する際の体温調整など、日常の疲労やストレスに加えてこれらの疲れが溜まって溢れ出すのが夏バテという考えもあります。

なので今!夏バテの不快な症状が現れる前に大事にお手入れしませんか?

①お腹の中から温める:涼しい環境で温かい飲食物を摂取しましょう。胃の不快な症状がなければ生姜を上手に取り入れることもオススメです。

②足元を温める:冷たい空気は足元に滞留しているため、足元を温めて心地よく感じるときは過度に冷えている証拠です。暑いときは上着を軽装にして調節しましょう。

③体調をリセットする:手前味噌になりますが当院の鍼灸治療は張り詰めた心身のリセットにとてもオススメです。ご自宅でセルフケアのお灸を使うこともイイですよ。自律神経バランスのリセットに繋がり身体の回復作用が働きます。

疲れやストレスがなく体調の本領が発揮できている方が自然と熱中症予防に繋がりますからね。

タイトルにある「ご自身にご褒美を」と書きましたが、ご自身がホッコリするような事も心身がリセットされますよ。この暑さに加えて新型ウィルスでの外出制限や心が痛むニュースなど、ストレスを覚えることが日常に溢れていますよね…なのでご自身にご褒美をあげましょう。

先日、娘の予てからの希望もあり「猫カフェ」に行ってきました。貸し切り空間でモフモフの猫に癒され、眼がハートマークで猫と戯れる娘たちに笑かしてもらいました。

心も身体も心地よく良い状態で日常を過ごせますように。

上手に暑さも乗り越えていきましょうね。