仁雄堂ブログ

膝の腫れ、水腫 船橋市の鍼灸治療専門院、仁雄堂(じんゆうどう)

千葉県船橋市の仁雄堂鍼灸院です。

今回は膝の痛みに伴う腫れについて書かせていただきます。

水腫(すいしゅ)とも呼ばれますが、おおよそまず片脚に現れることが多いですね。膝のお皿(膝蓋骨)がどこにあるかわからないほど腫れてしまうこともありますが、とりあえず外科さんにかかり「はい腫れているので、注射で水を抜きますね。それから軟骨も減っているのでヒアルロン酸を注射しましょう。」という処置から湿布薬を渡されるケースを頻繁に耳にします。もちろん治ればそれで大丈夫ですけどね。

関節の内部から水が溢れて内圧が高まるので、関節は曲がらず膨張することによる痛みが疼きだします。では抜いてしまえばよいではないか!というのが、だいぶ古くに考えられた水腫除去法です。膨張する内圧が無くなるので当然その場の痛みは減弱しますが、はたして炎症は治まるのでしょうか・・・

炎症が長引くと骨変形を招くことにもつながります。

悲しいことに、長く通院されたにもかかわらず、人工関節の手術を勧められ、術後も痛みがひかないと「レントゲンはキレイだから悪くないよ。」と、湿布薬を渡され痛みに我慢される話も耳にします。

出てきた水が悪さをするのではなく、問題は水が出てきてしまうことにあります。

では、なぜ膝の輪郭がわからなくなるほどに水が現れるのか。

腫れを起こす水の正体は関節を構成する組織液です。様々な理由から膝関節に負担がかかり炎症が発生すると、関節の中で火事が起きるとしましょう。体の中で治すメカニズムが働き、水を多く集めて鎮火しようと一生懸命です。消火活動をしている水を抜き取ってしまう…そんなことをするとどうなるでしょうか?

火は辺りに広がりますよね。

そうです、炎症が広がるケースが十分にあり得ます。ここが水を抜いて寛解する人と増悪する人の違いとなるかもしれません。

水を抜き痛みが引くことによって歩き方などが改善に向かい、膝にかかる負担が無くなると治癒に向かうと考えられますが、炎症が出てきた原因が変わりないと再び水は現れます。しかしそれは治そうとしてくれている身体のサインなのです。

火事になぞらえましたが、煙が出てくる場所と、火が起きている場所は必ずしも同じではありませんよね。

東洋医学では症状が現れる背景には、生命力の弱り、働きの低下を診ます。なぜ痛みが現れたのか、なぜ痛みが治らないのか。根本から治す手段として身体全体を整える鍼灸という手段もあります。

アナタの支えとなり、どこまでも運んでくれる何ものにも代え難い脚です。メスや薬に頼らずに御自身の力で大事にしてくださいね。

 

積聚

病名に捉われず、病を診る

千葉県船橋市の鍼灸治療専門院 仁雄堂(じんゆうどう)

☎047-779-2717 完全予約制

〒273-0012

千葉県船橋市浜町1-5-3-101

一般診療 美容鍼灸

積聚治療 小児はり

東洋医学 体質改善