仁雄堂ブログ

美容鍼で起こる内出血 船橋市の鍼灸治療専門院、仁雄堂(じんゆうどう)

千葉県船橋市の仁雄堂鍼灸院です。

今回は「美容鍼で起こる内出血について」というネガティブなイメージもあります。しかし美容鍼を施術する上では避けられないリスクマネジメントとして捉え、より起きないように、起きたとしても最小限に、そして内出血の吸収、回復を早めるために対策が重要になるのだと思います。

まず、不安をあおらないためにも『内出血は必ず消失するもの』ということをご安心くださいね。

顔面部には毛細血管が多く存在し、血管壁が硬くなっている場合に内出血が発生する可能性が高くなってしまいます。血管壁が硬くなる要因として、寒冷、紫外線ダメージ、睡眠不足、過去の古傷など様々な背景が関係してきます。

内出血は抜鍼をした直後に現れることは少なく、翌日や2、3日後に出現することもありますが、これは皮膚内部で微細な出血が止まらずにジワジワと血液が漏れ出してしまう事が考えられますね。

意図的に動脈などに刺して激しい出血が発生した場合を除き、言いかえると肌細胞が疲れてしまい血管壁が出血しやすい状態になってしまっている事も否めません。

化粧用品のコンシーラーで紛らわすことはできますが、ネガティブなイメージとして隠さなくてはいけないコトですね。ポジティブなイメージとしては出血が起きた部分は細胞の活性化が起こり元気になるコト。古傷の部分が出血が起こりやすいという要因に関係していそうな気もしますね。

定期的にケアを受けられて肌細胞が元気で血管壁が柔らかい方がリスクが少なくなるので、写真を撮るイベントなどの予定前に予め準備をしている方が安心ですよ。

お灸の熱を上手に用いたり、少し驚かれるかもしれませんが、同じ場所に鍼を用いることも大変効果的ですよ。なぜなら血行が促進されるコトで老廃物が流れて吸収される理論に基づき立証されていますからね。

当院では美容鍼で発生した内出血に関して上記の施術を無償でのアフターケアをしております。それは早く不安を取り除くため、さらに良い状態を発揮していただきたい思いからです。

もちろん内出血が発生しない為の技術を取り入れておりますので不安なことは遠慮なくご相談くださいね。

効果がある美容鍼

美容鍼は電気を流すアンチエイジング美容鍼

全国33人の特許技術認定鍼灸師

認定証

積聚

病名に捉われず、病を診る

千葉県船橋市の鍼灸治療専門院 仁雄堂(じんゆうどう)

☎047-779-2717 完全予約制

〒273-0012

千葉県船橋市浜町1-5-3-101

一般診療 美容鍼灸

アキュパンクチャー・コア・トリートメント

積聚治療 小児はり

東洋医学 体質改善