仁雄堂ブログ

妊娠時の治療はいつまで大丈夫? 船橋市の鍼灸治療専門院、仁雄堂(じんゆうどう)

千葉県船橋市の仁雄堂鍼灸院です。

当院では不妊症対策や産前産後のマイナートラブル(肩こり、腰痛、頭痛、つわり、浮腫、逆子)に対して鍼灸治療を用いております。よく受ける質問の中に「いつまで治療を受けることが可能ですか?」と問われますが、端的にお答えしますと、いつまででも大丈夫ですよ。と言っても、分娩室の中では出産準備に入りますのでちょっと考えてしまいますね...では陣痛が始まる直前、自宅で安静にしている期間と言うほうが伝わりやすいでしょうか。

東洋医学では赤ちゃんは【陽】の存在でエネルギーの塊と考えます。お母さんのお腹の中に熱源が日に日に大きく育っていきますので、お母さんの身体も常に変化を表していく過程で様々な症状が出現します。お母さんの身体に冷えが強く不安定なほど、お腹の中に熱が大きくなる妊娠時の体調の変化が激しいかもしれませんね。先に書かせていただいた産前のマイナートラブルもその一例で、心身に現れる変化の波を穏やかにすることで不快な症状を減らし、自律神経バランス、ホルモンバランスの安定が得られるので、出産をより良い体調で迎えることで産後の回復も安定することが望める事でしょう。その全体的なバランスを整える治療方法の一つに東洋医学、鍼灸治療という手段がありますよ。

鍼灸治療も手段は様々ですが、当院の「妊鍼治療:にんしんちりょう」ではお腹のハリなどは身体が疲れたり弱ったりと、元気が消耗して現れてくる身体からのサインとして治療を進めていきます。冷えが動き身体が温まって硬さが緩んでくると、お腹のハリも解消し、赤ちゃんが嬉しそうに動き出すことも感じられることがありますよ。これはお腹の赤ちゃんとお母さんは一身同体の存在として身体を包括的に診ることで理解がしやすいですね。鍼と耳にすると身体に刺すことイメージなさる方もいらっしゃるかもしれませんが、当院では妊婦さんへの治療は鍉鍼(ていしん)という、小児鍼に使用する刺さらない鍼です。それでも十分に身体は変化していきます。なので産前産後はもちろん出産間近まで無理なく受けることができますよ。

お腹が健やかに大きくなることは、とても嬉しい事ですよね。しかし腰が反ったり、物理的に姿勢が変わることでお母さんの身体に様々な負担がかかってしまうことも間違いありません。その疲れ、不快な症状が長引かないように、少しづつでも取り除いて『楽な状態』というのを覚えていてください。「妊娠時だから...」「みんなそうだから...」「しょうがない...」と、ガマンはしないでくださいね。ツラい症状はやはりツラいのです。お腹が大きくなって嬉しく思える時期を少しでも『楽な状態』で過ごせる事で喜びは大きくなりますよね。

お腹の赤ちゃんの為に、産後を良い体調で過ごせるためにも産前の体調が重要となりますよ。出産をより良い体調で迎えてくださいね。

 

治療歴15年以上のマタニティケア鍼灸師

マタニティケア_R

病名に捉われず、病を診る

千葉県船橋市の鍼灸治療専門院 

仁雄堂(じんゆうどう)

☎047-779-2717 完全予約制

〒273-0012

千葉県船橋市浜町1-5-3-101

一般診療 美容鍼灸

アキュパンクチャー・コア・トリートメント

積聚治療 小児はり

東洋医学 体質改善